こんにちは、キャリア&ライフコーチ津田典果です。

この時期、就活が佳境に入ってきました。

ゴールデンウィークで大学は休みだけれど、
便利な世の中なのかなんなのか、学生からエントリーシートの添削がメールでじゃんじゃん飛んでくるわ、
どうしても会って話がしたいと、急遽面談をしたり、で
GWは思ったより仕事をしていました(笑)

ま、好きでやっているからいいんですけど。。。

皆さんはどんな休暇を過ごされましたか?

 

 

就活生を見ていて思うこと、それは、

一生懸命っていいな^^

ということ。

みんな初めてのことでわからないことだらけ、
ぐいぐいいろんなことを聞かれて、たじろぎながらも
一生懸命に1つ1つの問いに向き合って、ことばを探して、考えをまとめている。

だから応援したくなる。

ひたむきさ、まっすぐな気持ち、
大人になると忘れかけてしまうそんな気持ちに
こころが動く。

 

一方で、「一生懸命になれない人」もいる。

就活もそうだし、今の仕事や生き方に満足できずに「なんとなく」過ごしているという人。
別にやることはやるけど、必死さはなく、一生懸命でもなく、ただ「やっている」だけ。

 

この違いはどこから来るのだろう?

一生懸命な気持ちってどこから来る?

・・・

・・

それって、その対象であるコトをどれだけ大切に考えているか、思っているか、の「差」だと思う。

就活を、仕事を、生き方をどれだけ自分にとって大切なものと考えているか、
大切に考えて行動しようとしているか、
その人の気持ちが、態度として「一生懸命」という形に表れるか、だと思う。

その気持ちが透けて見えるから、思わず応援しちゃう。

私が最近一生懸命なのは、

・学生の就活相談
・授業やセミナーのスライド・資料作成
・キャリア&ライフコーチング受講者の進捗フォロー
・仕事の業務管理
・中1の息子の勉強をみること
・野球の応援

ですね^^

特に上の3つは、熱中するといつの間にか深夜、ということも!

相手のためにとやっていることでも、よくよく考えると自分のためにやっていることなんですよね、すべて。
だから「やってあげている」意識はなく、「やらせてもらって、あなたも私もハッピー」になることが理想。

だって、人のためになって、かつ自分のためにもなる、なんていうこと、
素晴らしいことですよね。

 

「人のために」だけを考えて行動しても、どこか空々しく聞こえてしまう。
「自分のために」だけを考えて行動しても、どこか力が空回りしてしまう感覚。

だから、
人のためにもなって、かつ自分のためにもなる、
そんなwin-winなことを見つけたら、そりゃあ一生懸命がんばれる!

そう、一生懸命頑張れることをみつけよう!

自分も周りも幸せになれるから。

 

質問です
「あなたが最近、一生懸命にやっていることはなんですか?」

「それは、誰のために、何のために、一生懸命取り組んでいるのでしょうか」

 

もしよかったら、この問いの答えをコメントでくださると、とても嬉しいです。