こんにちは、『魂の仕事』発掘コンサルタント 津田典果です。

やりたいことがわからない、このままでいいのかと迷ってる方々に、
3方向×3次元自己分析を用いて、「これだ!」という仕事を手に入れるサポートをしています。

今日は、コンサルパートナー(お客様)の声を紹介します。
コンサルティングって、目に見えない形のないものなので、興味はあるけれど、「なんか妖しい」(笑)って思っている方、いませんか?

絶対に多いと思うんですよね、だからコンサルを選ぶときにみんな実績を気にする。「これだけたくさんの人をやっているんだからきっと大丈夫、変な人じゃない!」って(笑)

もちろん実績も1つの指標です。でもコンサルで大切なのは、相性と考え方や姿勢に共感できるか、です。
いくらエライ先生でも、相性が合わなかったり、発言や生き方に共感できなければ、コンサルでいただいたアドバイスを受け入れて実践することはできないからです。

そんなわけで、少しでも私のコンサルの様子が分かればいいなと思って、コンサルパートナーさんからいただいた感想やコメントを紹介させていただきますね。

 

このパートナーさんは、2月中旬からコンサルしている男性で、今の仕事が嫌いじゃないけど、一生やるとも思えない、転職も4~5回してきているので、そろそろ「自分はこれで生きて行く!」と言える仕事を見つけたい、と相談に来られました。いろいろな職種を経験していて、何が自分に合うのかわからないと。

2週間に1度の頻度で対面でコンサルティングをしています。2週間の間に、3方向×3次元自己分析のワークを宿題としてしていただき、その内容についてコンサルの時間で深めたり、発展させて考えたりします。

 

ご紹介するのは、先日行った第3回目のコンサル後の感想です。

———————————————-

1回目と比べると、だいぶ話せるようになっているのが自分でもわかりました。
それに自分を冷静に客観的に段々みれるようになってきているのと、
自分とうまく対話ができるようになってきた気がします。

今回はまた新しい発見で、今まで仕事を辞めた理由などは正当化した理由で、
本当の理由は人間関係にあり、またそれもあるパターンがあることが発見でした。

傾向性を理解できていれば、次には対処・対策も考えられるのでもう少し明確にしておこうと思いました。

それと少しやりたいことにも触れたとき、
少しずつこの分野が好きなんだって気づいてきてはいたものの、
実際話してみると自分でも思った以上にこの分野について話せてて、
しっかりとした想いとパッションがあったことが言葉にでてきて自分でも驚きました。

帰りもいろいろ考えていると、
今までの体験、経験がこの分野でやれば活きるような気がして繋がっていく感覚になりました。

今まで自己完結が多く、自分のなかで全部処理できていると思ってました。
しかし話す・言葉にすることでこんなに気づくことが多いとは思わなかったですし、
こんなに大切なことだったんだと体験しています。

————————————————

 

↑加工なし、いただいたまま転載しています。

この気持ちや考え方の変化、成長、すごくないですか?たった1ヶ月半で!

この方もおっしゃっているように、自分の頭の中で「そうかそうか」「これでいいかな」と考えていることでも
声に出す、人に話すことで、違った見方が見えてきたり、新たな気づきを得て、よりいい結果につながるのです。

そしてそれが自分の中で起こってくることの楽しさ、それに気づく喜び、
この方の喜びの気持ち、文章からも伝わってきますよね。

 

この方は、ご自身の言葉を借りれば、人見知りが激しく、自分のことを人に話すなんて今までほとんどしたことがない、
考えただけでも恐ろしい、というタイプの方でした。「でした」としたのは、今は違うからです。

確かに初めて体験セッションでお会いした時は、ガードが固くて(笑)、なかなかご自身のことを話しませんでした。
キャリアカウンセリングに来たのに、話す雰囲気ゼロ!みたいな。
でも、ぼそっぼそっと少しずつ話してくれて、それをじっと聞いていて、彼もなんとなくこのペースなら話せるかと思ってくれて、コンサルスタートになったのです。

それからメールのやりとりたくさんと実際に会って話すこと3回、彼の中のたくさんの驚きが変化につながってきています。

今後が本当に楽しみです。

 

 

コンサル・カウンセリングの力を体験したい方、私との相性を確認した方は、こちらをどうぞ

*************************

ただいま、4月期モニター募集中!

詳しくはこちら

*************************