こんにちは、キャリア&ライフコンサルタント津田典果です。

私、実は、、、

キャリア&ライフコンサルタントと名乗っているものの、
キャリアコンサルティングっていまいちわかりにくい、
受けたことのない方には、伝わりにくいと日々感じています。。。

 

キャリアコンサルって具体的に何するの?
キャリアコンサルって転職相談でしょ?!
受けるとどうなるの?
こんな私でも成果ある?

このようなご質問や不安の声があるからです。

コンサル、コーチの仕事というのは、あんパンを食べたらおなかが満たされる、という誰もが同じ効果をわかりやすく得られるものではないので、当然の声かもしれません。

そう、みんな同じ結果が同じタイミングで出るわけではない、
でも1つのエビデンスとして、クライアントさんの声というのは、
これからコンサルを受けようか迷っている方の助けになると思うので、時々ご紹介しています。
ご紹介するのは、すべてご本人の了解を得ています。

それどころか、聞いて聞いて!状態です^^;

 

この方は、
8月のキャリアデザインCafe「夏休みにじっくり考えよう!自分の生き方 <アラサー女子のための未来設計図の描き方>」にご参加いただき、9月からキャリア&ライフコンサルティングを開始した方です。

この感想をいただいたのは、12月末でしたので、4ヶ月弱でこのような変化と結果を得ることができました。
9月当初は、ご自分の過去を振り返っていたら、カウンセリング中に気持ち悪くなったり、具合が悪くなって中断してしまうほど、過去の自分を避けてきた方でしたが、事実を直視し、伴走する中で、自分の軌跡を認め、今とのつながりを感じ、そして今の自分も好きになれた、という変化を遂げてきました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

仕事大好き、と思っていた。
もちろん嫌いじゃないけど、自分のことが認められないから、仕事をすることで他者からの承認を得たかった、
その承認欲求がどんどん強くなっていき、強い承認が得られる仕事を探し続けていた、
でもそこには穏やかな幸せはなかった、ということに気がついた彼女。
キャリアコンサルティングを受けてよかった、
コーチの伴走がなかったら、一人では到達出来なかった領域だとおっしゃってくださいました。

 

私も正直、そう思います(笑)

自分と向き合う、自分に正直になる、自分に問い続ける、という作業は、
あんパンを食べるように、その後の結果が予測できない。
だから、ちょっとつらくなったら逃げてしまう。

あんパンみたいに1個、100gと量も決まってないから、
どこまで問い続ければいいのか、いつまでやるのかがわからない。
だから、自分の核に行き着かなくても途中で放棄できる。

だから一人では出来ない。

だから必要なんです。
あなたのことをそのまま受け止めてくれて、しぶとく伴走してくれるコーチが。

 

私は、
コンサルティングを受けてくださったすべての方に、
この満足感と自分を生きてる実感を感じて欲しいと思っています。

そして、
一定期間のコンサルティングが終わる頃には、
自分で自分を応援しながら、自分で自分の人生を選択できる【自走する力】をつけてもらうのが目標。

 

キャリア&ライフコンサルティングに興味を持っていただいた方、
津田典果に興味を持っていただいた方は
ぜひキャリアデザインCafeに足をお運びください。
毎月開催しています。

今月はこちらです↓