キャリアメンテナンス ラボ  Lab.

「在り方」を変えると行動が変わる

 

こんにちは、キャリアデザイナー津田典子です。

キャリアカウンセリングから自分らしい生き方を見つける 【40代からのライフワーク起業支援】と90日でゼロからセミナー開催ができる【90daysオリジナル人気セミナー構築プログラム】を通して、人生100年時代を、自分の魅力を発揮して最期まで楽しく生きたい女性たちの支援をしています。

 

前回、行動できない理由についてお話ししましたが、今日はその続きです。
行動できない原因として、「先に頭であれこれ考えてしまう」「環境の変化を嫌う」「自分のことを後回しにしてしまう」ということがあるとお伝えしました。これらをすべてまとめて、改善できる方法があるとしたら、すごくないですか?!

そんな方法があるのです!それが、

 

「在り方」を変える

 

です。
「在り方」とは、自分に対する認識、自分を取り巻く環境の中での自分という存在をどうとらえるか、ということです。行動できない原因を抱えている方は一般的に、自分に対する認識が低く、他者との関係性の中でも、自分の存在認識を低く持っている方がとても多いです。

少しわかりにくいでしょうか。自分に対する認識が低いとは、簡単に言うと「こんな自分なんて」「自分なんて大したことできない」と自分の存在価値や今の自分の状態を認めていない状態です。

この今の自分を認めていない、価値を感じていない気持ちがあるため、何をしようとしても、時間が~、家族が~とチャレンジしないもっともらしい理由をつけて、行動がストップしてしまうのです。

もしこの時、自分の今の状態を認められて、今の自分でいいと思えて、できるできないではなく、やりたいことを素直にやる状態であったら、もしそんなフラットな「在り方」であったとしたら、結果はどう変わるでしょうか。

 

自分を褒める、今の自分がいいと思う

 

じゃあ、どうしたらダメダメだと思っている自分を「いい」と思えるのか。

誰でも褒められたらやる気が起きますよね?自分で自分を褒めた時も同じです。「今の私、まだまだな部分はあるけれど、案外いけてるじゃん」と思ってあげる、そんなことからはじめるといいと思います。

日本は謙譲語という世界でもまれな考え方があり、日本人は自分を下げる、へりくだることが得意です。その文化のせいか、自分を下げて安心するところがあって、まして自分をほめるなんて、、、と思う人が多いですが、それ、止めましょう(^^)

まずは思いっきり自分をほめる、小さいことでもほめる、今の自分の価値を認めるところから始めましょう。
例えば、今日目覚ましが鳴る前に起きた私はえらい、ささっと掃除して時間をうまく使った、仕事でお客様のためにプラスアルファのサービスができた、同僚のサポートができた、旦那さまの好きな料理をつくった、などなど、日々の小さなステキを「よくやった!」と認めることをしてみてください。

 

自分を認め続けると…

 

そうやって自分の価値を認められるようになると、何か新しいことにチャレンジするとき、環境の変化に対応するときに、ひるまず前に進める力が自分の中に湧き起こるようになります。自信というより、「私、大丈夫だ」という安心感のようなもの、です。だから気負うことなく、普通の気持ちで新しいこともいつものことも対応できるようになります。

 

クライアントさんを見ていても、私の経験からも、その人の「在り方」を変えるには、カウンセリングやコーチングを半年以上受けたり勉強したりして変わってい九ケースがほとんどです。生まれてから今までに蓄積されてきた生き方・考え方を変えるといっても過言ではないことなので、ちょっとやそっとでは変わらないものですが、だからこそ変える価値がある!変わった先には違う未来がある、と私は思っています。

 

やりたいことはあるけれど、どうしても動けない、続かないという方は、「在り方」を変える、ということにぜひチャレンジしてみてください。

 

残3名です↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です