キャリアメンテナンス ラボ  Lab.

行動できない原因

 

こんにちは、キャリアデザイナー津田典子です。

キャリアカウンセリングから自分らしい生き方を見つける 【40代からのライフワーク起業支援】と90日でゼロからセミナー開催ができる【90daysオリジナル人気セミナー構築プログラム】を通して、人生100年時代を、自分の魅力を発揮して最期まで楽しく生きたい女性たちの支援をしています。

 

やりたいことがあるのに、行動できない、一歩が踏み出せない、という40~50代の女性が私のお客様には多いのですが、そのお客様にはいくつか共通点があります。

 

頭であれこれ考えてしまう

 

人生経験を積んできた女性たちは、まず「頭で先の先まで考えてしまう」傾向にあります。頭で考えることは、もちろん必要なことですが、「先の先まで」考えてしまうと、当然未確定なことに関しては、不安要素が大きくなってしまうので立ち止まる という結果になります。

頭で考えることは、もちろん良いことなのですが、考えるなら負の要素ばかりに意識がいかないように、マインドマップを使って考えるなど、プラスの要素とマイナスの要素を冷静にテーブルに並べる意識が必要です。

 

環境の変化に躊躇してしまう

 

人間は基本的に変化を嫌う生き物です。安定に心地よさを感じます。変化をなるべく起こさないように、変化するにしてもできるだけ最小限に、と勝手に脳が考えてしまいます。

さらに、20代とは違って40代は家族を抱えている世代。子供のことや親のことなど、自分の一存で変えられないことが多く、その関係性の中で動かなければならないから、なるべく今の環境や状況のままがいい、今の状況の範囲で、と考えてしまうのです。

 

自分より先に家族のことを考えてしまう

 

上の項目とも重なる部分がありますが、やはり家族の中で中心的役割を果たしている40代は、自分が「やりたい」より、家族の「やりたい」「やらなければならない」を最優先してしまうので、結果「自分のやりたい」をする時間がなくなってしまう、とか、今回はやめておこう、がずっと続くというケースが非常に多いです。

あなたにも覚えがありませんか?例えば週末、友達に食事や集まりに誘われたとき、「まだその日は家族の予定がわからないから、決まってから返事するね」ということ。お子さんがまだ小さくてそうせざるを得ない場合もありますが、それでも、この言葉の中には自分の感情や選択は存在していないのです。

 

それでも行動できる!

 

頭であれこれ考えてしまう人も、環境の変化に躊躇する人も、家族を最優先してしまう人も、そんな心配性で家族想いのこころ優しい40代の女性たちも、ほんのちょっと今の状態を変えると自ら行動できるようになるんです。

頭で考えるな、変化に耐えろ、家族を優先するな、なんてもちろん言いませんよ(^o^)

 

その「ほんのちょっと」の変化はまた次回に。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です