キャリアメンテナンス ラボ  Lab.

Soft but Firm な話し方に安心感~お客様の声~

 

こんにちは、津田典子です。

キャリアデザイナー&魅せ方プロデューサーとして、自分らしく生きる【40代からのライフワーク起業支援】と90日でゼロからセミナー開催ができる【90daysオリジナル人気セミナー構築プログラム】を通して、人生100年時代を、自分の魅力を発揮して最期まで楽しく生きたい女性たちの支援をしています。

 

先日継続セッションを終えられた方から、感想をいただきましたのでご紹介します。キャリアカウンセリングを受けることを迷っている方に参考になると思います。

この方は、40代男性、ちょうど退職勧告を受けたところ、その後の生き方や転職活動について相談を受け、半年間の継続セッションをしました。

————————————————————————     

1.申し込み時点での悩みは何でしたか?
 →会社を退職することになったところだったので、次のライフステージに進む中で第三者にアドバイスを頂くことが目的でした。私がなにに向いているのか、何をやりたいのかを自分の中から捻出する過程で役に立つと思いました。

2.カウンセリングを受けて、解決したこと、改善されたこと、変化したことは何ですか?
→方向性に迷い、進む方向に関するアドバイスを必要な中、8割のできでいい、とりあえず勇気を持って前へ出ようとのアドバイスがよく、前に進むことができた。

3.もしコーチングを受けていなかったらどうなっていたと思いますか?
→目的設定が曖昧になっていたかもしれません。新しいものへチャレンジする中での不安感がもっと強かったと思います。

4.津田典子のカウンセリングをどんな人におすすめしたいですか?
→考えていることを行動にすることにいつも躊躇している方。
 自分の中の壁を乗り越えたい方。
 向上心を持って、自分をより磨きたい方に適していると思います。

5.セッション全体のご感想をお願いします
→Soft but Firmな話し方は安心感をそそるものでした。6ヶ月の間の私自身と私のビジネスの変化に一緒に喜んでもらえたことがとても嬉しかったです。会社立ち上げ時の不安、方向性の不明瞭の状態を経験したことがとても有意義に感じました。率直なフィードバックを私にとってわかりやすいStraight but warmな言い方がとてもよかったです。

——————————————————————————-

この方、実はニュージーランド出身の方です。奥様は日本人で日本在住歴もビジネス歴も長いので会話はもちろん日本語でした(^^; コメントのところどころに、とてもイメージがわかりやすい英語表現(Straight but warmとか)があるのはそのためです。
私のクライアントさんとの関わり方、コーチの仕方などがとても短いことばに凝縮されていて、この言葉を受け取って、とてもうれしかったです。

さらに、アンケートにプラスして、「自分は頭の中でいろいろ考える癖があるので、口に出して共有することが非常に役に立った」とおっしゃっていました。

 

そう、そうなんです!

カウンセリングやコーチングで大切なこと、「口に出して言う」ことです。
口に出して言うっておもしろいんですよ。皆さんもこんな経験ありませんか?話しながら「ひゃーそんなこと思ってなかったのに言っちゃった」とか「口が勝手にしゃべってる」ということ。これって、頭のどこかや潜在意識のどこかにあった考えや想いがふと出てきている瞬間です。そのふとした言葉から、どんどん言葉がつながったり、もしくは逆に止まって深く考え込んでしまったり、、、こんな自分の反応から、気づかなかった自分の想いを知ることになります。

 

これは、一人では決してできないこと。なぜなら、一人で内省しても、浅いところまでしか気づくことができないからです。万が一深いところに「何かがある」と気づいた場合でも、深堀りすることは自分にとっては苦しいことや痛みになることが多いので、一人では避けてしまうからです。

ですから、カウンセリングを受けるには「覚悟」が必要です。自分と向き合う覚悟、この方も書いているように壁を乗り越えてやるという覚悟、自分を向上させたいという強い想いなどです。そんな覚悟や想いを持った方は、カウンセリングを受ければ行動が加速し、パワーアップすること間違いなし!です。一度お試しくださいね。

 

   ★メルマガ読者は無料です!★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です