こんにちは、「経験×環境×個性」から本気の仕事と生き方をみつけるキャリアコンサルタント 津田典果です。

仕事をしている人なら、特に会社員の方なら、今まで何度か「転職しよう」と思ったこと、ありますよね?私も何度もあります(笑) でも実際に転職したのは1回、再就職を入れて2回です。

転職を思い立ったとき、何から始めますか?とりあえずリクナビNEXTに登録する?(笑) もちろんナビサイトに登録して求人情報を集めることはとても大切です。でも何千件と載っている求人、どれから見たらいいか、どのポイントで見たらいいか迷いませんか?そう、だから準備が必要なんです。

準備1 なぜ転職したいのか、現状を整理する【現実を直視する】

人はちょっとしたきっかけで現状に疑問を抱きます。新しい仕事がうまくいかない、自信があったのにミスをしてしまった、厳しい上司と考え方が合わない、などほんの些細な失敗やズレを周りや環境のせいにして、他(の会社・仕事)だったらもっと自分の力が発揮できるのではないか、楽しくやれるのではないかと。
これは「逃げて」いるだけです。現実から目を背けて、隣の芝生だけをみている状態。これではどんな会社に転職してもうまくいかないし、そもそも転職する必要がありません。

現実を直視する、ということは、仕事がうまくいかない理由は何なのか、その根本の理由を考える、また新しいことにチャレンジしたいのはなぜなのか、新しいことってそもそも何か、など、今自分がどういう気持ちを抱えていて、現状の満足、不満足をすべて洗い出すことです。そう、不満だけにフォーカスするのでなく満足も同じテーブルに並べてみることが大切です。

準備2 転職以外の方法はないのか考える【多角的視野をもつ】

準備1で不満と満足を並べてみて、やはり転職しよう!と思ったとします。それでも、もう一度その考えを差し戻して、本当に転職することがベストなのかをもう一度じっくり考えてください。社内のほかの部署であれば実現できそうなこと、そもそも主体的に動けばできそうなことが案外あるものです。必ず他社でないと実現できないことなのか、よく考えてください。また多角的に見て、今よりも1年後2年後のほうがいい、ということもあります。

準備3 どういう仕事、生き方が理想なのかを自分に問う【価値観を認識】

現状の仕事に満足しない場合、自分自身の状況や内面が変化したために、今まで満足していたものが満足てきなくなった、ということがあります。さらに転職などで環境が変わることに備えて、自分はこの先どういう生き方をしたいのか、どういう状態だったら幸せを感じられるのか、という「仕事を包括した人生」を考えることをお勧めします。

転職活動は、初めは理想や夢を掲げていても、だんだん目先の条件にとらわれてしまう人が大多数です。目先の条件も確認することは必要ですが、「木を見て森を見ず」にならないよう、新しい会社に入った後の人生を思い描いて、それが自分の理想の生き方に合致するのかをしっかりと考えてください。そのためにも自分の価値観、大切にしたいもの・ことを自分がしっかりと理解していることが必要なのです。

準備4 理想の生活や仕事、生き方の軸に優先順位をつける【譲れないもの】

準備3で出てきた価値観や大切にしたいもの・ことに優先順位をつけましょう。絶対に譲れないものか、あったらいいなというものなのかを見極めます。絶対に譲れないものであれば、他の条件がどんなに良くてもスパッと切り捨てることができます。転職活動は迷いの連続、選択する基準だけでなく、捨てる基準を明確にしておくと、迷いが格段に減ります。

準備5 理想に向かうために選択すべき仕事、生き方を考える【求人情報の活用】

自分の理想の将来、人生が見えてきたら、それを叶えるために適切な仕事や会社を探します。そうです、ここで初めて求人を本格的に見ることになります。もちろん、ここまでの準備段階でも求人情報は見るのですが、ここまでは「どんな求人があるか」程度。ここからは「自分が応募したい求人はどれか」「自分の理想を叶えられる会社・仕事はどれか」という基準で求人をチェックします。ここまでで、自分の現状や求めたい理想、価値観がはっきりしていますので、たくさんの求人を見ても、ぶれることなく取捨選択ができます。あとは実際に応募して結果を出すのみ!

まとめ

何も準備せずにいきなり求人サイトをみて、応募ボタンをポチッとすること、紹介会社で条件をいくつか提示して勧められた会社に即エントリーすることが、転職という人生の大事な活動において、どれだけ危険なことかおわかりいただけましたでしょうか。

転職とは、ただ新しい仕事や会社を選ぶことではなく、自分の気持ちと正面から向き合い、将来を考える活動です。そう考えると、小さな条件にとらわれなくなりませんか?ぜひ転職準備をしっかりと行って、自分の理想の人生を歩むために前に進んでください。