こんにちは、「経験×環境×個性」から本気の仕事と生き方をみつけるキャリアコンサルタント 津田典果です。

「転職」を考えたこと、ありますか?

こう質問すると、ほとんどの方は「ある」と答えます。ただなんとなく考えているだけ、求人サイトで求人情報をパラパラ見てるだけ、という方がその7割程度、実際に企業に応募したという方の割合はかなり少ないのが現状です。会社が倒産しそう、毎日深夜まで残業でこれ以上やったら死ぬ、という状況でもない限り、勤めている会社をスパッと辞めるのは結構な勇気がいるからです。少しくらい嫌なことがあっただけでは、「もっといい会社に転職したいなー」と妄想するだけで終わるのが健全な精神の持ち主です(笑)

でもそんな小さなトゲが積み重なってきて、今すぐとは言わないけど、この会社もそう長くはないだろうな、と思い始めてる方に特に、この先を読んでいただきたいと思います。それは、

数年以内に転職を考えている方は、今、今年、2018年中の転職がおすすめ!ということです。

なぜ2018年がおすすめか?

一番の理由は、皆さんご存知の2020年のオリンピックに向けての採用増の波が今年までだからです。オリンピックでの景気上昇を見込んで、今は人員増、人材育成の佳境の時期。新卒採用も中途採用も増加傾向がここ3,4年続いています。今お勤めの会社もそうではないですか?それが2018年で落ち着き、2019年からは、好況後の反動からの経済停滞を予測しての採用抑制の時期を迎えます。だから「2~3年以内に」「そのうち」と思っている人は、今年活動することをお勧めします。

転職を真剣に考える人は誰?

一番に思いつくのは、2008年のリーマンショックの余波を受けて就活をした世代、景気後退でもっとも新卒採用が厳しかった中で、意に沿わない仕事について、今まで頑張ってきた方です。今30歳前後ですね。そのようなバックグラウンドから、未経験の仕事に新たにチャレンジしたい、という方々が多いこともこの世代の特徴です。そのため、未経験でもOKと企業が言える余力のある、この2018年のラストチャンスは非常に重要です。正確に言うとラストではないのですが、しばらくチャンスが遠のく、という意味であり、まだ若いから数年のうちに考えればいいや、と思っていると、この1,2年で雲泥の差を感じて後悔する結果になりかねません。

その次は40代の方。皆さんも肌で感じているように、30代までの求人は不況になっても一定数はありますが、景気に一番左右されるのが40代以降の求人です。40代どころか50代でも応募可能な求人がたくさんある今のうちに、ぜひチャレンジしましょう。

転職活動はいつやるの?

思い立ったら即!なのですが、企業の一般的な中途採用の波は年に3回あります。その波に合わせて準備し活動すると無駄がないです。まずは2月、次が5月中旬から6月中旬、そして10月です。それぞれ、4月、7月、1月の入社を目指して採用活動をしています。この中でも一番求人数が増えるのが例年10月です。他の時期に比べて入社までの期間が長くじっくり採用活動ができる、年度末や新入社員の受け入れで忙しい春より、時間に余裕がある、というのが採用側の主な理由です。 
ただ一番求人が多いからと言って10月まで待つのはナンセンス。自分の望む求人がいつ出るかなんて誰もわからない(笑) だから転職したい、今年中にしよう!と思ったら転職準備をすぐに始めてください。転職準備って?履歴書書くとか??と思った方、履歴書を書く前にやることがたくさんありますよ。転職準備の具体的な内容については、また改めてご紹介しますね。

まとめ

2018年中に転職するぞ!という決意はできましたか? あ、別に全員に転職を勧めているわけでは決してありません(笑) 転職に向く人、向かない人はいますし、気に入っている職場を辞める必要はまったくないです。
そうではなく、もし「転職しようかなー」と思っているとしたら、それは今!今決断したほうがいい、ということです。ただ就職は結婚と似ていて、「縁」でつながる部分もあります。何千件、何万件とある求人の中から、たまたま目に留まった会社に入社した、というのはよくある話。そんな「つながり」を大切にできる人が納得のいく転職ができると私は思っています。