ちょっと過激?なタイトルです。
こんにちは、キャリアコンサルタント津田典果です。

私の周りには転職希望者がたくさんいらっしゃいます。仕事柄当然と言えば当然です(笑)

 

転職希望者の2つのパターン

転職希望の方はひとかたまりではありません。大きく2グループに分かれます。

グループ1…たくさんの転職サイト、紹介会社に登録し、とにかく選考をたくさん受けている人たち
グループ2…自分に合った仕事、会社はなにかを自問自答しながら、過去の経験や将来のことをあれこれ模索しながら求人を見て、まだ求人応募には至っていない人たち

 

さて、この2グループ、これから転職活動を続けて、どちらが5年後10年後に納得のいく仕事をしている人が多いグループでしょうか?

・・・

・・・

答えは、グループ2の人です。 

 

転職活動でやるべきこと

なぜグループ2の人が多かったかというのは、転職は「自分を見つめ、自分の人生や将来をよりよくするための活動」だからです。自分の理想とする将来、人生、生活を考え、それを実現するためにはどんな仕事をどれだけするとよいのか。自分の強みや得意なことでどんな未来が開けるか、それを考え、実現出来る場所を探す活動です。

たまたま条件のいい求人を見つけたから、こっちのほうが給与がいいから、するものではありません。

しかし、多くの人はこの「自問自答」したり「過去を振り返った」り、「模索」することを面倒に思ってやらなかったり、やってもうわべだけさらっとやってわかった気になっています。

 

転職活動で飛躍的に人生をよくする人

でも、この「自問自答」や「模索」が転職活動で一番大事な根幹の部分。ここに取り組まずして、枝葉だけを揃える、つまり、職務経歴書や面接対策で外側だけ整えて転職しても、数年したら、また「なんか違う」「転職しようかな」と思うことになる可能性大です。

私が読んでいる原田メソッドの本に、こんなことが書いてありました。

————————————
世界一に登る準備をしていると、
日本一は簡単に登れるが、

日本一の準備でいる人が、
世界一を登れることはない。
————————————

 

目先のことに囚われて、目先の準備しかしない人、目先のことを見ながらも、先を見据えた準備をする人、両者の違いは、目先の結果は同じでも、そのプロセス間違えば、10年後の結果が大きく変わってくる、ということ。

自分は何が得意で、本当は何がしたいんだろう…

今まで長く続けてきた、という理由だけで続けている仕事、本当に一生涯の仕事なのか…

このような人生の疑問に正面から挑んでいくのが転職活動です。そこに恐れずに挑んでいくことで、自分の内側から答えを見つけだすことができます。

 

まとめ

求人検索をする、紹介会社で紹介してもらう、というのは、この自問自答や模索が終わって、自分のやりたいことや得たい幸せの形がはっきりした人が進む第2ステージです。

まだ、第1ステージがクリアになっていない人は、まずは自分の現在地、過去、未来への想いをとことん理解するところから始めましょう。

面倒くさいと思うかもしれませんが、自分の生きたい人生を生きるための、案外近道なのですよ。

転職をただの「仕事変え」にしないため、自分の人生をよりよく変える活動にするために、です。

 

********************

近道だけと正直一人でやるのは実は大変なこと。
だって、人間、自分のことは自分ではわからないから。
サポートをご希望の方の体験セッション(無料)はこちらから受付しています。