こんにちは、キャリア&ライフコーチ津田典果です。

 

先日、30代の方のキャリア相談を受けた際、こんなことを言われました。

「このままでいいのか悩んでいる。まずは仕事に役立つ資格でもとってみようと〇〇の資格を取ろうと思っています」と。

ん??

資格取りたかったんだっけ?
資格が取れたら、悩みは消える?
知識がないことや資格がなくてその分野に自信がなかったことが悩みだった?

 

悩みのすりかえ

これは悩んでいる方によく起こる現象で、「悩みのすりかえ」という現象です。

目の前のできることからやってみる、という姿勢は悪くはないのですが、
悩みの本質を見極めることなく、手っ取り早く形に見える「資格」に走っているだけ。
資格を取る、と決めると、その瞬間から
合格するためにはどうしたらいいか?
という別の悩みが出てきて、そちらに向かうことになります。
「このままでいいのか」という悩みはそっちのけで。

 

するとどうなるか。

資格は取れたけど、「このままでいいのか」の悩みは解決されない!!

 

さらに、

この資格取得のためにがんばった努力はなんだったのかー!と
悩みが倍増する結果に。

 

・・・

 

こんなにがんばったのに、、、がくっ。

 

なぜか。

 

それは、
原因は不安のモトをきちんと理解していないから。

本人も薄々、資格を取って不安が解消されるかわからないと気づいていながら、
資格取得に向けて勉強をがんばることで、
がんばる自分の存在を感じることで、安心し悩みが消えた気になる。

本当は、
がんばっている自分に安心する気持ちと、
このままでいいのかという不安が払拭されることは
まったく別物なのに。

 

不安のモトはどこに?

じゃあ、不安のモトを正確に認識するにはどうしたらいいのか。

それは、
「このままでいいのか」の詳細を、自分に問い続けます。

このままの「この」ってどういうこと、どういう状態を指している?
どこからどこまでのこと?

いいのかって、結局いいの?悪いの?

悪い?どれくらい?

悪くはないけど、良くもない、じゃあどうしたいの?

理想はどういう状態?

その理想は本当に欲しいものなの?

・・・

・・

こんな感じで、自分に深く深く問い続けます。

できればコーチと一緒に。

というのは、
ほとんどの人は、ひとりでやると、
問い続けることが出来なかったり、ふわっとした答えしか出てこなかったりで、
さらに悩みが増幅してしまう危険があるから(笑)

 

不安だから資格を取る人の特徴

一言でいうと、真面目で成長意欲の高い人です。読書や勉強が好きな人も多いです。
ただ、ちょっとネガな言い方をすると、自ら行動することが苦手かあまり経験がないかもしれません。

実は、私も資格に走っていた時期があります。

20代後半から30代、資格の講座につぎ込んだお金は、総額いくらだったのかと考えたくないくらい(笑)

通訳案内業、英会話、簿記、フランス語、、、

簿記1級なんて、講座を変えて2度チャレンジしたのに、結局取得できず。
英語のあれこれ資格にチャレンジしたけど、ほぼ全敗。

でも当時の私は、「もっと出来るはず」「がんばらなきゃ」と鼻息荒く、焦りながら
専門学校の情報を集めたり、勉強をしたりしていました。

私も多くの方と同じように、学校や企業のレールをひたすら走ってきて、
そのレール上のレースでは、まあまあ勝ちを得てきたけれど、
レールが敷いていない【自分の人生のフィールド】では、
何をどうがんばっていいのか、どこに向かって走ればいいのかがわからず、
取りあえす、格好がつきそうな資格や経験が形になる資格を得ようとしたのです。

でも、
結果資格を取れないどころか、目的がはっきりしないから勉強にも集中できない、
ご多分に漏れず、余計に悩む羽目になり、
解決するまで、かなりの遠回りになりました。

 

まとめ

資格を取るのは良いことです。でも目的が定まってから、です。
がんばる自分に酔っても、一瞬安心しても、それは解決にはなりません。

「このままでいいのか」という問いに、細分化した問いを立て、
自分の内側の声を聞いてください。

資格の知識より、自分の本心が、自分を支えてくれるはずです。

 資格より自分を信じろ! 

 

*********************************
メールレターのご登録はこちらから