こんにちは、『魂の仕事』発掘コンサルタント 津田典果です。

やりたいことがわからない、このままでいいのかと迷っている方々に、
3方向×3次元自己分析を用いて、「これだ!」というキャリアを手に入れるサポートをしています。

 

大学生の就活も佳境になってきました。今年は内定出しもさらに早まって、もう内定が出ている学生も一定数はいる様子。
ただ、みんなまだ他も受けると就活は継続していますね。

就活や転職活動の中では、「選択する場面」がたくさん出てくると思います。

その「選択する」ということ、皆さんはどうやっていますか?
つまり、無数の選択肢の中から、どうやって「選択」していますか?

例えば・・・

どの業界がいいか、
どこの会社を受けるか、第一志望グループは…
職種は、事務系、営業、技術系、どれにするか
内定を3社もらったが、どこも一番でなくて決められない
持ち駒全滅、残りの会社から探せって、選べない…
第一志望から内定をもらった、、、けど本当にここでいいのか決断できない

 

どうでしょうか?

こんなとき、どうやって選択していましたか?

悩んで悩んで、最終的には「ええいっ!」と勢いで(笑)決めたりしたこと、ないですか?

 

私はあります(笑)

だって考えてもどっちもいい、と思ったから。

 

まあ、そんなこともいい場合もありますが、
できれば自分の中で明確な理由を持って選択できたら、、、いいと思いませんか?
その選択に自信が持て、その先の仕事にも意欲的に取り組めそうではないですか?

 

というわけで、「選択力」の話。

 

自分軸ってなに?

よく就活本では「自分軸を持って」とか「就活の軸を持とう」と書いてあります。
自分軸って何でしょう? 軸って?

軸とは、価値観に裏付けされた選択基準のことです。
こういうことが好き、得意、やりたい、という自分が大切にしたい想いから、社会では会社ではどんなことができるかやりたいかを考え、仕事や会社選びの価値基準を引き出していきます。

ここで大切なのは、好き、得意、やりたい、という想いは、すべて過去の経験があって今現在そう思っている、ということで、つまり、自分の過去の経験、人生の中にあなたの価値観は眠っているということです。

よく企業選びの軸を決めなきゃと、これまでやってきた仕事内容が活かせる、通勤が60分以内、給与が今と同等か上がる、というようなことを「軸です!」と言っている人がいますが、これは軸ではなくて「条件」ですね。
「軸」はあくまでも自分の中から湧き出てくるものでないと、意味がありません。

 

軸があれば選べるの?

軸があれば、、、選びやすいと思いますが、タイトルに書いた「コレ」にはまだ足りません。

迷わず選択するための最強の武器は、

 

自己理解

=自分を理解すること

です。

 

その中には当然、自分軸も含まれます。

ただ「自己理解」というのはもっと大きなもので、価値観も含めた、自分はこういう人間である、と理解していること。
こんな性格で、こんな経験をしてきて、こんな場面ではむちゃくちゃ頑張れて、こんなことにはまったく関心がなく、1円ももらえなくてもやりたいのはこんなこと、自分のここが好き、ここが嫌い、今の社会をこう思う、社会人になってこんなことに関われたら幸せ、今のところ将来こんな風になれたらいいなと思っている、、、等々、自分の過去、現在、将来の夢をきちんと理解していることです。

この自己理解がきちんとできていれば、職業選択のみならず、あらゆる人生の選択で迷うことが格段に減りますし、迷ったとしても決断に根拠と自信が持てます。

 

自己理解?自分のことでしょ、わかってるよ…は甘い!

就職や転職など人生の節目で迷ったことがある方はお分かりだと思いますが、
自分のことー物事に対する考え方や対処の仕方、志向性、習性(!)、価値観、どんなときにどんな反応をするかーなど、自分のことって一見わかっているつもりでも、わかっていないことが実は多いのです。

特に気持ちの部分。

大人になって、自分の気持よりも周囲との調和を優先させたり、正解を探す行動しかとらなくなったり、感情を我慢して何かに取り組む、ということを社会生活の中で優先させていると、いつの間にか、自分の気持ちに気づかなかったり、スルーしてしまう癖ができてしまいます。そうすると、自分の本心はどこにあるのか、本当の気持ちは?と自分がわからなくなる状態になります。

 

だから、自己分析

私が行っている自己分析は【3方向×3次元自己分析】、3方向→興味、環境、経験という観点で、3次元→過去、現在、未来の時間軸で、自己分析を行います。

自己分析、え~キライ!めんどくさい、という方もいるかもしれませんが、そう、たしかに面倒なものです(笑)。しかしこれを乗り越えずして、自分の人生を自分で切り開くことは難しいと私は思っています。自分で自分の人生を主体的に、自らの意思で選択したい人は、ぜひ覚悟を決めて(笑)この3方向×3次元自己分析に取り組んでみてください。絶対にやってよかったと思うはずです!

まとめ

自己分析は一度やって終わり!ではありません。
3方向でも示しているように、興味のあること、自分の環境、経験値というのは、常に変化、進化しています。
もし、以前自己分析はやったからもういいや、と思ってる人がいても、時々、何かの節目にやってみると「今」のあなたが明確にわかっておもしろいですよ。

自己理解が進めば、自分のやりたいことに向かって進める、その楽しさをぜひ味わっていただきたいと思います。

 

次回の【キャリアデザインCAFE】は4/22
詳しくはこちらをタップ