こんにちは、キャリア&ライフコンサルタント津田典果です。

新年が明けて、1週間以上経過してしまいました。。。(汗)
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
今頃エンジンがかかって動き出しています。

そう、よく私は「いつも楽しそうに、アクティブに活動されてますよねー」と人から言われるのですが、案外腰が重い(笑)
エンジンがかかったら、100万馬力なんですけどね、、、

車の運転と似ていて、とりあえず車にエンジンをかけるのではなく、
地図で場所を確認して、ルートイメージを頭に入れてから運転席に座る(笑) というペースなんです。

今年は、もう少しさっさとエンジンをかけたいと思っている次第です(汗)

 

さて今の時期、こんな風に「今年どうしようかな、何しようかな、目標は、、、」と
様々頭をよぎっていませんか?

最近ネットで「目標はいらない」「私は目標は立てません」というような

【目標不要論】

皆さんはどうでしょう?
目標は立てますか?必要ですか?

 

・・・

私の結論はどちらでもいいと思います。

(なんだよ!と思った方、すみません)

どちらでもいい、というのは、
目標を立てた方が行動しやすい人は立てればいいし、
立てたことで、そこに囚われて、かえって行動が広がらないと思う人は立てなくてもいい、
本人のやりやすい方が当然成果が出る、という意味です。

人から「こうしなさい」「こうしたほうがいいよ」を
言われるままにやっていては結果がでないからです。

 

じゃあどうすんのよ?という声が聞こえてきそうなので、
私のオススメを1つ紹介します。
目標設定で挫折したことのある方には特に、とっておきの方法です!

それは、

 

何をするかではなくて「どうありたいか」

をまず決めること。

例えば、

今年は今までやろうと思っていて未着手のことにチャレンジしよう、とか
新しい出会いをたくさんして刺激を受けよう、とか
毎日丁寧に暮らそう、とか
言えない自分を勇気を持って「ちょっと言える自分」になろう

などです。

 

ちなみに私の今年の「あり方」は

・疲弊しない
・自分との対話を増やし、流されずに1歩ずつ

です。

これだけ見たら、「で?」って思われそうですが、
「で?」の部分は事象やタイミングによって変わるので、そのときに考え決めるから大丈夫なんです。

つまり、

この「あり方」が決まっていると
「で、どうしたら?」の部分が簡単に選択できるのです。
かつ、ブレない!

「あり方」とは「どう生きるか」「何を大切にして時間を使うか」

 

このように、生きる方針が決まると、
この仕事ではこうしよう、この課題に対してはこれ、この役割は気合いを入れてがんばる、これは捨て、というように力のいれどころや優先すべきことが決まってきます。

さらにこれが、自分の気持ちと合ってるから心地よい。
自分の方針に則っているのだから当然です。

また、言葉としては漠然としているので、「達成しなきゃ!」的な無駄な力が入りません。
だから気持ちは穏やか、心地いいままに、自分のありたい姿、なりたい形に進むことができます。

 

まとめ

「目標達成」と聞くと、誰でもいつでも「よし、がんばるぞ!」とイメージ出来るわけではありません。
聞いた瞬間に、過去の達成できなかったことを思い出してしまい、
「あーまた絵に描いたもちになってしまうんだろうな」
「どうせ立ててもな・・・」
というマイナスのイメージを持ってしまう人もたくさんいます。

また、1月は意気揚々と目標に向かっていても、
3月頃には「目標?なんだっけ?」となってしまったり、
目標の掛け替えばかりをしてしまうこともよく見かけます。

それは、「やること」だけを並べているから。

「やること」を並べる前に、

あなたの「あり方」「生きる方針」を決めてみてください。

とても自然に、勝手に、目標に向かって進むことができますよ。

 


————————————-

今月のキャリアデザインCafeでは、
この具体的な方法をワーク形式で行います。

もう目標を立てた方もまだの方も
今年は楽に楽しくいつのまにか目指す方向に進んでいる
自分になりませんか?

詳しくは画像をクリック