『仕事をこころから楽しみ、熱く生きる本気の大人があふれる社会の実現』をミッションに、
あなたの人生をあなたらしくデザインするサポートをしています。
 
特に、やりたいことがわからない、このままでいいのかと迷ってる方々に、
3方向×3次元自己分析を用いて、「これだ!」というキャリアを手に入れるキャリアサポートは、
30代の方に好評をいただいています。
 
 
先日、私が関わっているNPO法人キーパーソン21の活動で、専修大学で「わくわくエンジン」を探すワークを行いました。
 
「わくわくエンジン」というのは、わくわくして動き出さずにいられない原動力のことです。わくわくしてしまうのはどんな時、どんなこと、それはなぜか、を考えていくと見つかります。必ず誰もが持っているエンジンですが、ご自分のわくわくエンジンに気づいていない方も多く、それをワークを通じて気づいてもらう、という活動をしています。自己分析の1つのやり方、という感じです。
 
キーパーソン21では、主に中高生にこの「わくわくエンジン」を見つけてもらう活動をしていますが、最近では大学生にも活動が広がっています。
それで 今回行ったのが専修大学。就活間近の3年生に向けて、就活に役立つわくわくエンジンを見つけてもらいました。
 
みんな、ワークシートを結構がんばって書いてくれてる!と嬉しくなったのですが、一方気になることも。
それは、「自分の想い、考えを発しない、発するのをためらう」ということ。
 
かっこ悪いとか恥ずかしいという気持ちがあるのでしょうかね~
そこで、自分の想いを話すことに躊躇する理由について考えました。 
 
 

周囲の反応が気になる

こんなこと言って変って思われないか、どう思われるか心配、というように、自分の考えや想いが受け入れられるか不安、という気持ちから、声に出すことを躊躇してしまうことがあります。特に「想い」はパーソナルなことであること、それだけに周囲から受け入れられなかった場合のショックも大きいので、余計に心配になってしまうのかも。

ただこれって、変な話だと思いませんか?

自分の想いは想いで、特別反社会的なことでもない限り、自由なはずなのに、なぜか遠慮してしまう。。。
どう思われようと、自分の想いを変える必要なんてないはずなのに。

このような不安を感じる方は、人と違うこと、違ってもいい、という価値観がもしかしたらあまりないのかもしれません。「みんな違ってみんないい♪」という歌がありましたよね?あの感覚、大切です。

 

人の考えや想いを受け止めていない

こんなこと言って拒絶されるかもしれない、と思う人は、人の話を聴いて、その考えを拒絶した経験がある場合が多いです。人の話を聴いたときに「えー何それ?!」と思うことがある→だから自分のときも、そう思われているのではないか?!という図式です。

この場合、人の考えや想いを「そういう考えもあるんだ」と受け止めることをせず、人の考えに対して「評価」をしているのです。人の考えはその人のものであって、他の人の評価の対象には本来ならないはずなのですが、このようなことが起こることもあります。

そんな人はどうするか。

まずは自分が人の考えや想いを受けとめることから始めましょう。いろいろな価値観があって、自分と違う場合でも、まったく考えていなかったことでも、まずは「へ~そうなんだ」と受け止める。それに対して自分の考えがあるときは、そのあとに考えを述べる。
この意見のやりとりができれば、自分の考えや想いを素直に語ることに躊躇することはなくなります。

 

自分の想い・考えに確信が持てない

ただ、なんとなく思っただけ、だから言わなくても・・・と言い訳する人のほとんどは、これ。
自分の想いや考えに確信がない、自分の中でもこれでいいのか、という想いがある、という場合です。

自分のことなのに、はっきりとわからない。

一見不思議なようで、これはよく起こることです。
何か決めるときに、自分がどうしたいのかわからない、決められない、ということ、ありませんか?
それと同じです。

なぜ自分の気持ちがわからないのか。

・・・

それは、感情と思考がイコールではないことが原因です。

こうしたい、というこころが感じる感情と、こうすべき、このほうが得、といった頭で考える思考、
両者にズレが生じることで「自分がわからない現象」が起こります。自分の心と頭が一致していないので、当然想いを伝えて、と言われても話せない、となってしまいます。

またこのようなズレを感じていると、自分の気持ちを肯定することができず、なんか違う、なんか違う、と否定するようになると、どんどん素直に表現することから遠ざかっていきます。

 

まとめ

 
できない理由を並べましたが、じゃあ結局どうしたらいいの?! (笑) の声にお答えします。
もう一度読み返すと気がつくかもしれませんが、結局やることは「相手も自分も受け入れる」ということです。
 
相手の想いや考えを受け止める、自分の中から湧き出てくる想いや考えを受け止める、いろいろあっても、矛盾したものでも、ちっちゃなことでも、「すべて受け止める」。それをすることで、自分のどんな意見や気持ちも肯定的に受け入れることができ、そして発信することができるようになります。
 
ほんとです!「全て受け止める」やってみてください。
 
 
【未来につながる今日の質問】
 
今人に伝えたい想いはなんですか?
 
 

—-お知らせ————————–  

ぜひ今思っていることを話しに来てください。
私に会ってみたいという方も歓迎。

5月のキャリCaféはこちら↓

————————–