こんにちは、『魂の仕事』発掘コンサルタント 津田典果です。

やりたいことがわからない、このままでいいのかと迷ってる方々に、
3方向×3次元自己分析を用いて、「これだ!」というキャリアを手に入れるサポートをしています。

さて、
あなたにとって仕事の価値とは?と聞かれて何と答えますか?

・・・

仕事をすることで得られるもの、、収入、生きがい、やりがい、スキル、ステータス、仲間、居場所、などと答える方が多いと思います。もしかしたら、少しマイナスイメージで、忍耐力や責任感というものをイメージする方もいるかもしれません。

そして、今感じている価値が、あなたが仕事に求めるものと合致しているか、
今一度考えてみてください。

もし、生きがいややりがいを求めているのに、いまいち熱中できない仕事についているとしたら?
もっと他にあるんじゃないかと思いながら、なんとなく今の仕事を続けているとしたら?
それは、あなたにとってとても不幸なことで、無意味に時間を過ごしているかもしれません。

価値の見つけ方

仕事の価値を見つける方法は2つ。
簡易版→仕事をしている最中に、いつどんな時にプラスの感情が動くかを察知する
基本型→自己分析で過去の経験から掘り起こしたものと、簡易版の内容を突き合わせて見つける

プラスの感情が動くとき、つまり楽しい、おもしろい、嬉しい、もっと、という感情を感じたとき、
何に対してそう思ったのか、なぜそう思ったのかを自問自答してみるとわかってきます。

世の中の事象はあなたの意味付けによって意味が決まる

どういう価値があると考えるかは、あなたが自分の仕事をどう意味付けするかによって大きく変わります。
単純に言えば、「価値がある」と意味付けすればその仕事は価値のあるものになるし、
「価値がない」と意味付けすれば、大したことないと長く続けないかもしれません。

つまりは、あなたの考え方次第でどうにでも変わる、ということなのです。

価値を感じられると

やる気が出て、その仕事を続けたくなります。
仕事をしていて納得感を感じます。
自分の存在意義を感じます。

このように、自分の仕事に価値を感じるということは、さまざまな効果があります。
仕事だけではなく、最終的に自分自身の存在にまで、価値を感じるようになるのですから。

まとめ

何も考えずに、何となく仕事をしている場合と、仕事に対して意味付けをし、価値を感じて仕事をする場合では、
自分の成長と仕事の広がりに大きな差が生まれます。

仕事はもちろん、自分の周りの小さな出来事にも「意味付け」を行うと、気持ちが大きく変化するかもしれませんよ。

 

【今日の質問】

あなたにとって、大きな価値があることはなんですか?

 

*************************
 
ただいま、4月期モニター募集中!
 
 
*************************
 
次回の【キャリアデザインCAFE】は4/22
詳しくはこちらをタップ