こんにちは、キャリア&ライフコーチ津田典果です。

やりたいと思ったことや願ったことが叶わなかったとき、
どうその結果を受け止めますか?

それも、その想いや願いが強かったとき、
どっぷり落ち込んで立ち直れない、、、時が解決するのを待つ、なんてことはありませんか?

こころの整理として、落ちるところまで落ちて這い上がってくる!ということが必要な部分はあります。
でも、結果の受け止め方を知っていたら、
結果を受け止める準備ができていたら、
もっと楽に対処できます。

そんなお話。。。

まずは素直に感情を受け止める

私は先日、某大学のキャリア課目の非常勤講師に応募して、
「残念ながら、、、」という通知を受け取りました。

「あーやりたかった!やりたかったのに・・・」

・・・

知り合いの紹介もあり、
もしかして・・・と淡い期待をしていただけに
不合格という現実にかなりがっかり。

合格していたら~だったのになー
あーあ、
やりたかったなー、
もーなんで!

いろいろな感情がわき上がってきます。
ベクトルも様々、相手に対して、自分に対して、マイナス方向、、、

それらをすべて受け止める。

受け止める、というのは具体的には、
「あ、自分はこう思っているんだな」と知る、認めるだけ。

これらの感情に対するアクションはいりません。
ただただ、「あーそう思ったんだね」と自分に返してください。

そうすると、気がつく

ただ「そう思ったんだね」と受け止め自分に返していると
自分の中でいろいろな気づきがわき起こります。

例えば今回の私。

自分の眠っていた想いに気づき、驚きました。

私って、人に教えたいんだ、
若者にキャリア、生き方を真剣に考えて欲しいんだ、
もっと多くの人と関わりたいんだ、
活動フィールドを広げたいんだ、
もっと学びたい

・・・

こんな想いに改めて気がつきました。

なんとなーく思ったり伝えたりしていたことでも、
「やっぱりそうだったのか!」と腹落ちすることなど、
いつもと同じ行動の中では気がつかなかったことに気がつけました。

これは、

感情が動くことで、その奥の感情が見える からです。

そして、認めて次の行動を選択する

気づいた気持ちや意思は「すべてこれが自分だと認める」 

こういうことが好きで、やりたくて、今回はダメで、、、
これ、すべて私。
自分の本心やこころの声を認める。

そして、それをどうやって叶えるかを考える。

私は今回、大学指定の履歴書の学歴欄も論文欄も学会欄も
空白だらけで、この空白を埋めないと大学からオファーを受けることが出来ないのか、それなら大学院に行くことも考えようかと思いました。

でも、今やっていることを中断することはしたくない、
そして、今の私で雇ってくれる大学がすでにある!
この大学での仕事をきちんとやろう、ここから自分のやりたいことにつなげよう、と思いました。

王道で大学院に行く、という選択肢もあったけど、
今の私はその選択をせず他の方法を選んだ、それがいい、と。

まとめ

世間は厳しいことばかり(笑)
でも、自分のやりたい気持ちに沿って行動したあとは、
なんだかすがすがしい。

そして、
自分がいとおしくなる。

私は、This is 私 を貫いて、
納得のいく道を歩み続けたい。

行動の結果をちゃんと受け止めれば、
自然と前に向かって歩けるはずです。

3月のキャリアデザインCafe
 変わらない自分にもうウンザリ
「春から新しい自分になる!
自分OSの書き換え方」

日時:3/10(日)、16(土)、25(月) 10:15~12:00 @新宿
3/22(金)          10:30~12:15 @町田
費用:¥1,000

お申込みはこちらから